Hypochoeris

世界大百科事典内のHypochoerisの言及

【ブタナ】より

…牧場や都市の荒地にはえるキク科の多年草(イラスト)。ヨーロッパ原産の帰化植物で,日本への侵入は1930年代初期に気づかれた。とくに北海道に多い。英名はcat’s‐ear,gosmore,California dandelion。羽裂する葉が根生してロゼットをなし,切ると白色の乳液が出る。春に長さ50cmほどの花茎を上げ,鮮黄色の頭花をつける。頭花は舌状花のみからなり,径3~4cm。一見,タンポポ属に似るが,葉には黄褐色の硬い毛が密生し,花茎は分枝して黒色の鱗片がつく点が異なる。…

※「Hypochoeris」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android