コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IGSN71 あいじーえすえぬ

世界大百科事典内のIGSN71の言及

【重力】より


[重力基準網]
 正規重力式がa,f,ω,G,Mなどで決定される回転楕円体地球に対する理論的な式であるのに対し,より詳細な重力の分布を知るために世界各地で重力値が実測されている。この測定値をとりまとめて国際重力基準網1971(IGSN71,International Gravity Standardization Network 1971)という新たな重力網が完成している。それまで世界各地の重力値は1906年発表のポツダムで行われた可逆振子による絶対測定を唯一の基準にして決定され,ポツダム系重力値と呼ばれてきた。…

※「IGSN71」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android