コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IIR あいあいあーる

世界大百科事典内のIIRの言及

【ブチルゴム】より

…イソブチレンと少量のイソプレンを,塩化アルミニウムを触媒として-100℃というきわめて低い温度でカチオン共重合させて得られる合成ゴム。イソブチレン・イソプレンゴムisobtylene‐isoprene rubber(略称IIR)ともいう。ブチルゴム中のイソプレン含有率は0.6~3モル%で,これによってゴム分子鎖内に炭素‐炭素二重結合を導入し硫黄加硫を可能にしている。…

※「IIR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

IIRの関連キーワードペートゥ ピロイネン国際統合報告評議会ミクロネシア諸言語ピーリッサール島キルナヴァーラ岩サルバ キールスーダン(国)合成ゴム工業ピリサール島佐藤夕美子南スーダンルパン三世ブチルゴム松下香菜子黒谷川蜉蝣弥勒菩薩石井里佳関伊利子IIRC液状ゴム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android