Indian kudzu(英語表記)Indiankudzu

世界大百科事典内のIndian kudzuの言及

【クズ(葛)】より

…葉は水溶性炭水化物やタンパク質に富み,すぐれた飼料とされる。 クズ属Puerariaは,10種あまりが東アジアから太平洋諸島に分布しており,インドからマレーシア地域に分布するP.phaseoloides Benth.(英名tropical kudzu)やP.tuberosa DC.(英名Indian kudzu)も,飼料,土地被覆,食用(塊根)などに利用されている。ニューギニアやポリネシアでは,クズの根が食用とされているという報告があるが,これが日本のクズと同一種かどうかについては再検討を必要とする。…

※「Indian kudzu」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android