コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

International Gravity Standardization Network InternationalGravityStandardizationNetwork

世界大百科事典内のInternational Gravity Standardization Networkの言及

【重力】より


[重力基準網]
 正規重力式がa,f,ω,G,Mなどで決定される回転楕円体地球に対する理論的な式であるのに対し,より詳細な重力の分布を知るために世界各地で重力値が実測されている。この測定値をとりまとめて国際重力基準網1971(IGSN71,International Gravity Standardization Network 1971)という新たな重力網が完成している。それまで世界各地の重力値は1906年発表のポツダムで行われた可逆振子による絶対測定を唯一の基準にして決定され,ポツダム系重力値と呼ばれてきた。…

※「International Gravity Standardization Network」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

International Gravity Standardization Networkの関連キーワードグローバル労連国際計量計測用語国際科学オリンピック国際関係の社会学国際通信国際パラリンピック委員会IFRS世界銀行国際財務報告基準王立国際問題研究所

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android