コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

International New Education Fellowship InternationalNewEducationFellowship

世界大百科事典内のInternational New Education Fellowshipの言及

【新教育】より

…1898年にフランスの教育改革者ドモランJ.E.Demolins(1852‐1907)が《新教育L’éducation nouvelle》と題する著作で,中等教育のカリキュラムの改革と生徒の自主的活動を重視すべきことを強調し,さらにほぼ同時期にイギリスのC.レディ,ドイツのH.リーツ,アメリカのJ.デューイらによって新しい理論や実践がなされたことで,新教育は一つの運動となった。1921年には国際的な新教育運動のための組織として国際新教育連盟Ligue Internationale pour l’Éducation nouvelle(International New Education Fellowship)も結成されるにいたった。 日本では日露戦争直後に京都帝国大学教授の谷本富(たにもととめり)(1867‐1946)がヨーロッパ,アメリカにおける新教育に学んで日本にも新教育運動が必要とされることを説いて,教育界に波紋をひきおこした。…

※「International New Education Fellowship」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

International New Education Fellowshipの関連キーワード松山ケンイチIFRS世界銀行国際財務報告基準IIRC伊藤沙菜nintendogs+cats国際学力調査会計ビッグバン国際会計基準

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone