コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Italic(書体) Italic

翻訳|Italic

世界大百科事典内のItalic(書体)の言及

【書】より

…すばやい筆致の黒字体の書簡用草書体には,13世紀教皇庁文書に代表されるイタリア尚書体や15世紀フランスの折衷体など多くのバリエーションがある。15世紀には,イタリア人文主義者たちの古典古代文化の研究を背景に,カロリング小文字を基にした明快なアンティカ体lettera antica(アンティック体)と,黒字体から派生したイタリック体Italic草書が生まれ,活版印刷機の発明に及び,前者は公式文書用のロマン・タイプの活字,後者はイタリック体活字の,それぞれ原型となった。カリグラフィーは,17世紀にイタリア,オランダ,フランスで流行し,モントージエ侯爵の注文になる《ジュリーの花飾》(1641)のような傑作も生まれる。…

※「Italic(書体)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Italic(書体)の関連キーワードイタリックイタリック語派

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android