コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリック いたりっく

4件 の用語解説(イタリックの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

イタリック

斜体。文字を斜めに傾けたもの。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イタリック(italic)

欧文活字書体の一。italicのように少し右に傾いたもの。強調したい語句や他国語を示すときなどに用いる。イタリック体

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

イタリック【italic】

欧文書体の一。文字の縦の線がやや右方に傾斜したもの。注意すべき語句や他国語・出版物名・学名・船名などを示すのに用いられる。イタリック体。 → ローマン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリック
いたりっく
italic

欧文活字の基本書体の一つ。一般に斜体といい、右に傾きのある書体で、強調する語句や固有名詞などを示すときに使われる。イタリアの印刷家マヌティウスAldus Manutius(1450?―1515)が出版物に内容をより多く収容する目的で15世紀のアラゴン筆写体を模して創作し、1501年刊のウェルギリウスの詩篇(しへん)に初めて使った。独立した書体であったが、のちにローマン書体に付属してつくられるようになり普及した。現代ではあらゆる書体の斜体を総称するようになった。[小塚昌彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタリックの関連キーワード斜体ローマンアンチック活字体教科書体セリフ楷書体活字書体清朝体宋朝体

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イタリックの関連情報