コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリック いたりっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

イタリック

斜体。文字を斜めに傾けたもの。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イタリック(italic)

欧文活字書体の一。italicのように少し右に傾いたもの。強調したい語句や他国語を示すときなどに用いる。イタリック体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イタリック【italic】

欧文書体の一。文字の縦の線がやや右方に傾斜したもの。注意すべき語句や他国語・出版物名・学名・船名などを示すのに用いられる。イタリック体。 → ローマン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリック
いたりっく
italic

欧文活字の基本書体の一つ。一般に斜体といい、右に傾きのある書体で、強調する語句や固有名詞などを示すときに使われる。イタリアの印刷家マヌティウスAldus Manutius(1450?―1515)が出版物に内容をより多く収容する目的で15世紀のアラゴン筆写体を模して創作し、1501年刊のウェルギリウスの詩篇(しへん)に初めて使った。独立した書体であったが、のちにローマン書体に付属してつくられるようになり普及した。現代ではあらゆる書体の斜体を総称するようになった。[小塚昌彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イタリックの関連キーワードインドヨーロッパ語族・インドインド・ヨーロッパ語族ラテン=ファリスキ諸語オスク=ウンブリア諸語オスク・ウンブリア語インドヨーロッパ語族イタリア人[古代]イタロケルト語派イタリック語派カタルーニャ語レト・ロマン語ファリスク語ウンブリア語レトロマン語ポルトガル語ロマンス諸語カタロニア語ルーマニア語ロマンシュ語イタリア語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android