コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Johnston's organ Johnstonsorgan

世界大百科事典内のJohnston's organの言及

【弦音器官】より

…鼓膜器官以外には,比較的少数の感覚子からなる弦音器官が触角や足などの体の関節近くにあり自己受容器として働くが,羽の動きを受容するものもある。多数の感覚子が集まってできた弦音器官としては,鼓膜器官のほかに膝下(しつか)器官subgenual organ,ジョンストン器官Johnston’s organがある。膝下器官は足にあり,床の振動の敏感な受容器であり,ジョンストン器官は触角にあり,一般には重力その他の加速度受容に関係するといわれているが,カやハエなど双翅(そうし)類では聴覚器として働く。…

【聴覚】より

…このほかにハエやカは羽音を聞いて応答することが知られている。聴覚器官は触角にあるジョンストン器官Johnston’s organである。羽毛状の触角が羽音のような低周波音に共鳴し,これが触角基部のジョンストン器官を刺激する。…

※「Johnston's organ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Johnston's organの関連キーワード弦音器官全米臓器配分ネットワークイーモトロール側線器官電子オルガン方向圧アクリーションボール・ストーンエキソスモティック変成作用エンドスモティック変成作用

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android