コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kallan Kallan

世界大百科事典内のKallanの言及

【ダコイト】より

…イギリス領インドでは〈5人以上の者が共同で活動する盗賊集団〉と規定されたが,その性格,成員,活動は多様であり,単なる盗賊とは限らない。1889年に捕らえられた〈インドのロビン・フッド〉にもたとえられるタンティア・ビルTantia Bhilや,ピンダーリー,サグと同様に反英抵抗運動を続けた政治的な流賊集団,また北インドのハブーラHabūra,南インドのマッラバンMaravan,カッランKallanのごとく,村・家畜の見張役や塩・穀物交易の職能をもつ特定部族も含まれた。1980年代でもなおアーグラ周辺を中心として活躍するダコイトは一大治安問題となっているが,その組織・活動の実態には不明の部分が多い。…

※「Kallan」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Kallanの関連キーワードダコイト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android