コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダコイト

百科事典マイペディアの解説

ダコイト

ヒンディー語で〈武装盗賊集団〉の総称。語源や起源だけでなく,活動・性格・成員も不明。金持ちから盗み,貧者に与えるダコイトの場合には,国民の人気を博すこともある。活動の場はインド北部が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダコイト【dacoit】

ヒンディー語で,〈武装盗賊集団〉の総称。語源・起源は不詳。〈叫ぶdāknā〉または〈共に抑圧されたdashṭa〉の転訛とする説もある。イギリス領インドでは〈5人以上の者が共同で活動する盗賊集団〉と規定されたが,その性格,成員,活動は多様であり,単なる盗賊とは限らない。1889年に捕らえられた〈インドのロビン・フッド〉にもたとえられるタンティア・ビルTantia Bhilや,ピンダーリー,サグと同様に反英抵抗運動を続けた政治的な流賊集団,また北インドのハブーラHabūra,南インドのマッラバンMaravan,カッランKallanのごとく,村・家畜の見張役や塩・穀物交易の職能をもつ特定部族も含まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android