コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kandelia candel Kandeliacandel

世界大百科事典内のKandelia candelの言及

【ヒルギ(漂木)】より

…この幼根は紡錘形で長さ15~40cm,生長すると自体の重さで果実から離れ,垂直に海面上に落下するが,海水が深くてうまく泥土につきささらないものは海中を漂流し,やがて海岸に漂着し活着する。 日本にはヒルギの類はメヒルギKandelia candel (L.) Druce(イラスト)が鹿児島県の喜入町以南に,アカバナヒルギBruguiera gymnorrhiza (L.) Lamk.(一名オヒルギ)(イラスト)とヤエヤマヒルギRhizophora mucronata Lamk.(一名オオバヒルギ)が琉球諸島に産する。どの種も東南アジアの熱帯域海岸に広く分布している。…

※「Kandelia candel」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Kandelia candelの関連キーワードマングローブヒルギ類ヒルギ雌蛭木

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android