Kanerva,A.(英語表記)KanervaA

世界大百科事典内のKanerva,A.の言及

【フィンランド】より

…サリネンTyko Sallinen(1879‐1955)は男女を野性的な力強さで描き,表現主義を標榜する〈11月グループ〉(1917結成)を率いた。〈11月グループ〉の精神的遺産を受け継いだ〈10月グループ〉(1933結成)の中ではカネルバAimo Kanerva(1909‐ )が傑出し,これに近いコイスティネンUnto Koistinen(1917‐ )は幻想的表現主義の作風を示している。 彫刻と建築には,色彩よりも立体的造形を好むフィンランド人の国民性がよく反映されている。…

※「Kanerva,A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android