コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Khā'ir Bay KhairBay

世界大百科事典内のKhā'ir Bayの言及

【エジプト】より

… 1517年,カイロに入城したオスマン帝国のセリム1世は,14世紀半ば以降,ペストの流行とマムルーク軍閥の抗争によって弱体化していたマムルーク朝の支配に終止符を打った。エジプトはオスマン帝国の一属州とされ,その統治はオスマン軍の行動を積極的に支援したマムルーク出身のアミール,ハーイル・ベイKhā’ir Bay(?‐1522)にゆだねられた。征服後,マムルーク朝時代のイクターは一度国家に没収され,検地の後,改めてオスマン朝の財務官であるエミーンemīnに分与された。…

※「Khā'ir Bay」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Khā'ir Bayの関連キーワード岡部玲子(業務提携)吉田美穂サード長嶋伊津野亮三宅奈緒子尾崎仁彦くまきもえベイラムグアンタナモ米軍基地グレーシャーベイ国立公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android