コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Khizr Khān KhizrKhan

世界大百科事典内のKhizr Khānの言及

【サイイド朝】より

…1414‐51年。ティムールと同盟し,ティムールによってムルターン,パンジャーブ両地の支配者に任じられていたヒズル・ハーンKhizr Khānは,トゥグルク朝最後の王が1413年に死んだあとデリーを占領し,ここにサイイド朝を創建,14‐21年の間王位にあった。次のムバーラク・シャー(在位1421‐34)の時代には名目上もティムール朝の支配を脱し,一時的ながらパンジャーブ地方や北インドのドアーブ地方を支配したが,全体として,この王朝はデリー・サルタナットの中で最も勢力が弱く,末期には,その支配領域が〈デリーからパーラム(現在のデリー市南郊の空港があるところ)まで〉とざれ歌にいわれたほどであった。…

【デリー・サルタナット】より

…このころは,デリー政権は名ばかりの一地方政権となり,各地にムスリムの独立政権が生まれた。ティムールによってパンジャーブの統治権をまかされたヒズル・ハーンKhizr Khān(在位1414‐21)がデリーに政権を立てたのがサイイド朝であるが,この王朝は君主権が弱く,デリー周辺の支配王朝にすぎなかった。5王朝最後のローディー朝は,アフガン系貴族の連合政権といった性格をもち,君主は貴族連合体の代表的存在で,君主権は強いとはいえない。…

※「Khizr Khān」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone