コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Khuril Khuril

世界大百科事典内のKhurilの言及

【クリルタイ】より

…モンゴル帝国の最高決議機関,西アジア文献に見える語。モンゴル側記録にはクリルタKhuriltaまたはクリルKhuril,クラルKhuralとある。モンゴル高原の遊牧諸族は古来,氏族・部族の長,国の君長などを,同族の者や有力者が参加する集会において選出する習慣をもっていた。モンゴル族はそうした伝統を受け継ぎ,すでに12世紀に部族長などを選出するクリルタイが開かれていた。1206年のモンゴル帝国建設後はチンギス・ハーン家の一族やその他の王侯貴族が参加して,皇帝の候補者選定と皇帝の選出,外征や法令の発布その他の重要な国事について協議・決定する帝国最高の機関として役割をもつにいたった。…

※「Khuril」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Khurilの関連キーワードクリルタイ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android