コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Kraevskii,A.A. KraevskiiAA

世界大百科事典内のKraevskii,A.A.の言及

【祖国雑記】より

…2度目の39‐84年刊のものが有名で,この間,同誌は2度の高揚を見せた。最初クラエフスキーA.A.Kraevskii(1810‐89)が編集・出版し,39年末から46年初めまでベリンスキーが批評を担当,西欧派の論客が多く執筆した。68年からN.A.ネクラーソフ,サルティコフ・シチェドリン,エリセーエフGrigorii Z.Eliseev(1821‐91)が事実上編集し,ネクラーソフの死(1877)後,ミハイロフスキーが加わった。…

※「Kraevskii,A.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Kraevskii,A.A.の関連キーワード祖国雑記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android