LPP(読み)えるぴーぴー

世界大百科事典内のLPPの言及

【コネクショニズム】より

…つまりコネクショニズムは〈頭の中に知識や技能が獲得されるのが学習〉という従来の学習観を問い直し,人と外界の間に存在するつながり(関係性)を発見し,より安定した関係性を発見し作り出していく過程として学習を捉えようとする。このような学習観の変革は,〈その人と実践の共同体との社会的な関係づけが獲得される過程が学習〉とする正統的周辺参加(LPP)の学習観や,外界と人間の関係性として知覚や運動などの現象を捉えようとするアフォーダンス理論などとも関連が深い。 このようにコネクショニズムは,認知科学における意味や表象の概念や学習の概念を根本的に問い直してきたが,今後の新しい展開として,神経系ネットワークの中でのつながり中心のモデルから,人間を含む世界を形成する,より広いシステムの中での多様なつながりを発見していく方向に進むであろう。…

【相互作用】より

…認知行為が人と人の間,人と道具の間に分散されることによって,その中途段階でのエラーが検出されやすくなったり,新しく入ったメンバーに学習の機会が提供されたりすることが知られている。こうした社会的文脈の中に学習を位置づけた考えに,レーブJ.Laveらによる正統的周辺参加理論(LPP)がある。社会の中で実際に機能している実践的な共同体に参入していくことを学習と考え,共同体との協調関係を構築していくことによって人間の有能さが増すと考える。…

※「LPP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

LPPの関連情報