コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lam,W. LamW

世界大百科事典内のLam,W.の言及

【シュルレアリスム】より

…第2次大戦中のニューヨークでの亡命グループによる活動と,アメリカ,カナダへのその影響,また,戦後パリに来たハンガリーのハンタイSimon Hantaï(1922‐ )やスウェーデンのスワンベリMax Walter Svanberg(1912‐ )の活動も見のがせないが,より重要なのはいわゆる〈第三世界〉への浸透であろう。シリア,エジプトから旧フランス領アフリカにかけて,またメキシコ(パスなど),キューバ(ラムWifredo Lam(1902‐82)など),マルティニク島(セゼールなど)からペルー(モロなど),チリ(マッタなど)で,数多くの詩人,画家たちがシュルレアリスムを発展的に継承する。すなわちヨーロッパ文化のうちなる〈他所〉の発見であろうとしたシュルレアリスムが,これら〈他所〉においては,むしろ自己の発見を促す契機を提供したということでもあろう。…

※「Lam,W.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Lam,W.の関連キーワードナツメヤックラム寺リンパ脈管筋腫症イキシアクリスマスローズツルムラサキトラバンコール・コーチン藩王国聖バーフ大聖堂イスカンダル・ベグバーハルジー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android