コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Landstad,M.B. LandstadMB

世界大百科事典内のLandstad,M.B.の言及

【ノルウェー】より

…すなわち国民的ロマン主義思潮である。直接の結実は,民話伝説を収録したアスビョルンセンPeter Christen Asbjørnsen(1812‐85)とモエーJørgen Moe(1813‐82)のしごと(《ノルウェー民話集》第1巻は1841刊),牧師のランスタMagnus Brostrup Landstad(1802‐80)が集めた民謡集,リンネマンLudvig Mathias Lindeman(1812‐87)のメロディ採譜,独学の言語学者オーセンIvar Aasen(1813‐96)のノルウェー特有の語彙・文法の収録・整理等々のしごとである。オーセンの《ノルウェー国民語文法》(1848),《ノルウェー国民語辞典》(1850)は,デンマーク語式の書き言葉に対してノルウェー自体の言語(ランスモールLandsmål。…

※「Landstad,M.B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android