コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Lange,C.G. LangeCG

世界大百科事典内のLange,C.G.の言及

【ジェームズ=ランゲ説】より

…アメリカの心理学者W.ジェームズは,情動とは原因的場面の知覚にすぐ続いて起こる内臓と筋肉の変化を体験することであると主張した(1884)。これとまったく独立にデンマークの生理学者ランゲC.G.Langeは脈管における変化を体験するのが情動であるとした(1885)。つまり内臓,筋肉そして脈管における変化は情動の結果というよりはむしろ原因であるとした。…

※「Lange,C.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Lange,C.G.の関連キーワードジェームズランゲ説ブランティングジェームズ=ランゲ説ジェームズ=ランゲ説チュービンゲン学派ローゼンボー宮殿イェンセンカシュニッツデーブリンルノアール

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android