Leucadendron

世界大百科事典内のLeucadendronの言及

【ギンヨウジュ】より

…南アフリカ原産のヤマモガシ科の常緑高木で,銀白色の葉が木全体に密につき美しい。現地などでは庭園木として利用されているが,日本では夏季に雨が多いため,根が腐りやすく育てにくい。葉は披針形で両面に絹状の短毛が密生し,長さ約7cm,幅約2cmで葉柄がなく枝に密着する。乾燥地に育っているため葉質はかたく,また落ちにくい性質があるので,古い葉が枝の基部にまで残り,木全体が葉におおわれる。雌雄異花,マツの球果状で径3~5cmの頭状花をつけ,黄白色である。…

※「Leucadendron」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android