コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Levitan,I.I. LevitanII

世界大百科事典内のLevitan,I.I.の言及

【移動展派】より

…アカデミックな古典主義から解放された結果,80年代には民族的特色が伸展し社会的に意義ある作品が生まれた。技法や思想的統一のない団体で,風俗風刺のペローフ,ロシアの風景に愛情を注ぐレビタンIsaak Il'ich Levitan(1860‐1900),歴史画のレーピンスリコフのような多彩な画家数十名から成るが,多くは農奴層出身者であった。批評家スターソフVladimir Vasil’evich Stasov(1824‐1906),収集家のトレチヤコフPavel Mikhailovich Tret’yakov(1832‐98)らが,移動展派の強力な支持者であった。…

※「Levitan,I.I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone