コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動展派 いどうてんはPeredvizhniki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移動展派
いどうてんは
Peredvizhniki

帝政ロシア末期の美術団体。1863年,アカデミズムに反逆して美術アカデミーを脱退した若い芸術家 14人が,イワン・N.クラムスコイを中心に集まり,1870年に「移動美術展協会」を組織したのに始まる。各地方都市で巡回展覧会を開催し,芸術の普及,民衆との接触を目指した。西ヨーロッパへの追随よりもロシア的現実の直視を理念として歴史,風俗,風景を描いたが,1890年代の反動期に衰退解消した。ワシーリー・G.ペローフ,グリゴリー・G.ミャソエドフ,クラムスコイらが創設者。イリヤ・E.レーピン,ワシーリー・I.スリコフ,イワン・K.アイバゾフスキーなど,帝政末期の主要な画家の大半がこれに属する。(→ロシア美術

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いどうてんは【移動展派 Peredvizhniki[ロシア]】

ロシア帝政時代,アカデミズムに抗した画家たちによって結成された団体。1870年ミャソエドフの提唱を支持したクラムスコイペローフゲーNikolai Nikolaevich Ge(1831‐94)らは,〈移動展覧会協会〉を設立。展覧会の開催地を固定せず,特権階級のものであった芸術を移動展方式で一般民衆に近づけた。ベリンスキーチェルヌイシェフスキーらの思想を背景に,1860年代に興った〈人民の中へv narod〉を合言葉とするナロードニキ運動と呼応するもので,絵画を通じ民衆の啓蒙を目ざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の移動展派の言及

【ロシア・ソビエト美術】より

… ロシアの美術史の中で,驚くべき飛躍をとげたのは,19世紀の絵画である。18世紀以来,わずか1世紀の間に西欧の美術の水準に達したばかりでなく,移動展派のように,絵画を媒体として民衆を啓蒙する運動を展開するほどのエネルギーをもった画家グループが登場した。とくに革命寸前には,先鋭的な前衛諸派が乱立し,美術界はその極に達していた。…

※「移動展派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

移動展派の関連キーワード社会主義リアリズム[美術]ヴァレンチン セローフトレチヤコフ美術館V. スターソフバクシェーエフロシア国民楽派ヤロシェンコアルヒーポフシーシキンブルーベリレビタンセローフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android