コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Louvain-la-Neuve LouvainlaNeuve

世界大百科事典内のLouvain-la-Neuveの言及

【ルーバン大学】より

…20世紀には,フラマン語(オランダ語)地帯にありながら主としてフランス語を用いていたので,ベルギーの言語紛争の渦中に置かれた。オランダ語による講義の増加,フランス語部門とオランダ語部門への分割と進んだ後,1968年二つの大学に分裂し,フランス語系は市の南西方約30kmに新たに建設されたルーバン・ラ・ヌーブLouvain‐la‐Neuve(オッティニーOttignies)に移転した。同時に大学運営の世俗化と民主化とが行われた。…

※「Louvain-la-Neuve」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Louvain-la-Neuveの関連キーワードブラバン・ワロンルーフェン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android