コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーバン大学 ルーバンだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーバン大学
ルーバンだいがく

ベルギーのルーフェンにあるカトリック系の私立,共学制の大学。フランス語ではルーバン Louvain,オランダ語ではルーフェン Leuvenと読む。 1425年の創設以来,常にカトリックの教育・研究の中心として名声を得てきた。従来オランダ語とフランス語の両方を用いて教育を行なっていたが,1970年にオランダ語・英語による大学とフランス語による大学とに分離した。 (1) Katholieke Universiteit Leuven オランダ語・英語による大学で,神学,教会法,法律,経済学・応用経済学,社会科学,哲学,心理学・教育,理学,応用化学,農学などの学部のほか,哲学高等研究施設など施設をそなえる。教員数約 1700名,学生数約2万 7000名 (1997) 。 (2) Université Catholique de Louvain フランス語による大学で,神学,法律,経済・政治・社会科学,医学,心理学・教育学,理学,応用化学,農学などの学部と,宗教科学高等研究施設をはじめとし多くの施設を備える。教員数約 1200名,学生数約2万 900名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルーバンだいがく【ルーバン大学】

ベルギーで最も古く,有力なカトリック大学。ルーバン所在のオランダ語による大学Katholieke Universiteit Leuven(学生数2万7000)と近郊のフランス語による大学Université Catholique de Louvain(学生数2万)との総称。1425年,ブラバント公ヤン4世Jan IVの発意,教皇文書による認可,市当局からの特権賦与によって設立され,当時富裕を誇ったネーデルラント唯一の大学として発展し,16~17世紀にはエラスムスリプシウスJ.Lipsius,メルカトルヤンセンなどの著名な教師を擁して,ヨーロッパでも有数の地位を獲得し,カトリック思想の一つの拠点となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ルーバン大学の関連キーワードトレス(Camilo Torres Restrepo)カミーロ トレス・レストレーポアルフォンソ リンギスA.E. ミショットファン・スウィーテンハドリアヌス6世ゲザ ヴェルメシファン・ロンパイバング・カウプD. ユベールジャン ダバンE. ラモットシュトゥルムP. フレススケレベクスネオトミズムド・デューブベールナルト新スコラ哲学ヤンセニウス

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android