コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MN 式血液型

大辞林 第三版の解説

MN 式血液型

〖MN blood group〗
ヒトの血液型の一。1927 年オーストリアのランドシュタイナー(K.Landsteiner)とレビン(P.Levine)が、ヒトの赤血球をウサギに注射して抗血清を得る過程で発見。赤血球膜上の凝集原 M・N の有無により M・N・MN 型に分類。個人識別・親子鑑定などに利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のMN 式血液型の言及

【血液型】より

親子鑑別【中嶋 八良】。。…

※「MN 式血液型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

MN 式血液型の関連キーワードカール ラントシュタイナーランドシュタイナーラントシュタイナーMN式血液型親子鑑定血液型赤血球凝集原

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android