コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mamaea,J. MamaeaJ

世界大百科事典内のMamaea,J.の言及

【セウェルス・アレクサンデル】より

…シリアのエメサに生まれ,従兄エラガバルス帝の養子となり,その死後帝位に就いた。母ユリア・ママエアJulia Mamaeaの後見を受けたが,元老院との協調,救貧対策,産業の振興に腐心し,賢帝の誉れが高かったと伝えられる。しかし,東部戦線におけるササン朝ペルシアの撃退(233)にもかかわらず,ガリアに侵入したゲルマン人に対して宥和政策をとったことから,軍隊の反感をかい,母とともに暗殺された。…

※「Mamaea,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mamaea,J.の関連キーワードセウェルス・アレクサンデル