コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Marais,M. MaraisM

世界大百科事典内のMarais,M.の言及

【ビオラ・ダ・ガンバ】より

…17世紀後半になると,トレブル,テノールなどは,すっかりバイオリンに席を譲ることになるが,バス・ガンバだけは広い音域,独特な音色など大きな表現力ゆえに,18世紀後半まで使われた。バロックを代表する大作曲家ブクステフーデ,J.S.バッハ,ヘンデル,テレマン,クープラン,また演奏家でもあるフランスのマレーMarin Marais(1656‐1728),フォルクレーAntoine Forqueray(1671ころ‐1745)とその息子Jean‐Baptiste Antoine F.(1699‐1782),オランダのシェンクJohannes Schenck(1660‐1712ころ)らが,他の楽器では代用できないガンバ固有の作品を多数残している(J.S.バッハの《3曲のガンバ・ソナタ》(BWV1027~29)《マタイ受難曲》,マレーの《リュリ氏の墓》ほか約600曲を含む5巻の《ビオル曲集》(1686‐1725など))。18世紀末,新しい音楽様式,音量と音の性格についての新しい社会的要求にしたがって,ガンバは忘れられた。…

※「Marais,M.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Marais,M.の関連キーワード国民公会コメディ・フランセーズマレーオルフェ美女と野獣

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android