コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Martin,A.J.P. MartinAJP

世界大百科事典内のMartin,A.J.P.の言及

【化学】より

…1906年ころロシアの植物学者ツベートMikhail Semyonovich Tsvet(1872‐1919)は,色素混合溶液を炭酸カルシウムカラムを通過させて分離し,クロマトグラフィーの手法を創案した。40年代にマーティンArcher John Porter Martin(1910‐ )とシンジRichard Lawlence Millington Synge(1914‐94)は,分配クロマトグラフィー,ペーパークロマトグラフィーを考案した。50年代にはガスクロマトグラフィーや薄層クロマトグラフィーが導入された。…

【クロマトグラフィー】より

…ツベット以後の発展は遅々としていたが,30年,R.J.クーン,レドラーEdgar Lederer(1908‐ )らがニンジン中のカロチン類および卵黄中キサントフィル類の分離に適用して以来一般的に使われるようになった。 41年,マーティンArcher John Porter Martin(1910‐ )とシングRichard Laurence Millington Synge(1914‐94)は吸着剤のかわりに液体を用いる方法(液‐液クロマトグラフィー)を開発した。以後,ろ紙を用いる方法,イオン交換(1947)や分子ふるい(1959)などの現象を利用する方法,液体を流すかわりに気体を流す方法(ガスクロマトグラフィー,1952)などがつぎつぎに出現し,急速に進歩発展した。…

※「Martin,A.J.P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Martin,A.J.P.の関連キーワードセントマーチン島関水結花アルコアスロバキア文学マーチン(Kenneth Martin)ロペス(Jennifer Lopez)リッキー マーティン公民権運動サンマルタン聖堂聖マーティン教会