コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Massys,C. MassysC

世界大百科事典内のMassys,C.の言及

【マセイス】より

…フランドルの画家。Matsys,Matsijs,Metsys,Metsijsとも綴る。ルーバン生れ。1491年アントウェルペン(アントワープ)で自由親方として登録。本格的な制作活動の記録は〈聖アンナの祭壇画〉(1507‐09)以降である。彼の宗教画の人物はドラマティックな表情に富み,ボスを思わせる怪奇で残虐な人物をも得意とした。他方聖母子の表現にはレオナルド・ダ・ビンチのスフマート(煙の消えるごとく柔らかな陰影)の影響を示す。…

※「Massys,C.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android