コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Maximilian II MaximilianII

世界大百科事典内のMaximilian IIの言及

【バイエルン】より

…しかし中世以来帝国司教,帝国都市,帝国騎士が割拠して来たフランケンをはじめ,もともと〈帝国(ライヒ)〉意識が強く,またプロテスタントの数も多かった新バイエルン諸地方では,この時期,反バイエルン王国の地方意識の醸成も進んだ。 ルートウィヒ1世を退位に追い込んだ1848年の革命(三月革命または48年革命)の結果,マクシミリアン2世Maximilian II(在位1848‐64)のもとで,選挙法の改革,領主裁判権とホーフマルクの廃止,農民の封建的諸負担の有償廃止が行われた。48年革命の中で大きく浮かび上がったドイツ統一問題では,バイエルンは,ドイツ連邦内の中小諸邦を結集して強国プロイセン,オーストリアと伍そうとし,普墺戦争ではルートウィヒ2世のもとでオーストリアにくみして敗れた。…

※「Maximilian II」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Maximilian IIの関連キーワード痛点動物磁気説クリンガーシュメリングショスタコビチプラネタリウムマックス・フォン・バーデンシーベルトフェルディナンド1世マックス・フォン・バーデン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android