コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mead,W.R. MeadWR

世界大百科事典内のMead,W.R.の言及

【マッキム・ミード・アンド・ホワイト】より

…19世紀末のアメリカで最も影響力のあった建築事務所。1879年,マッキムCharles Follen McKim(1847‐1909),ミードWilliam Rutherford Mead(1846‐1928),ホワイトStanford White(1853‐1906)により結成される。繁栄期に入り自立を意識しはじめ,古典主義を好んだアメリカ建築界にあって,時流に乗りながら住宅建築に自由な平面プランを導入し,公共・商業建築には洗練された様式装飾をほどこし,大きな指導力を発揮する。…

※「Mead,W.R.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mead,W.R.の関連キーワード解析変成作用プランチャ変成作用圧砕圧砕状組織圧砕状蜂蜜酒フーバー・ダムマッキム・ミード・アンド・ホワイトグリムの法則

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android