コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mellanby,E. MellanbyE

世界大百科事典内のMellanby,E.の言及

【くる病(佝僂病)】より

…17世紀にはF.グリッソンがくる病について詳細に記述している。しかし,くる病についての本態が明らかになったのは20世紀に入ってからで,1919年イギリスのメランビーE.Mellanbyが,子イヌに実験的にくる病を起こすことに成功したことによって,ビタミンD欠乏症であることが明らかになった。成長の盛んな小児では,骨の組織が正常に形成されるためには十分なカルシウム,リンなどの無機質とビタミンDとが必要である。…

※「Mellanby,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mellanby,E.の関連キーワードくる病(佝僂病)

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android