コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Meynell,H. MeynellH

世界大百科事典内のMeynell,H.の言及

【キツネ狩り】より

…しかし,この世紀には,キツネ狩りはジェントルマン階級の特権を擁護した〈狩猟法game law〉の対象にはなっておらず,近代スポーツとしてのキツネ狩りが定着するのは19世紀のことである。その中心人物が,〈イギリス近代狩猟の父〉メーネルHugo Meynellであった。正式のキツネ狩りは,マスターmaster(ホスト)の指揮下に,お抱えのハンツマンhuntsman(猟犬係)と2,3人の助手,それにゲストたちが参加して行う。…

※「Meynell,H.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android