コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネ狩り キツネがり

百科事典マイペディアの解説

キツネ狩り【キツネがり】

英米で行われている団体猟。17世紀後半に英国の貴族がこの狩り専用の猟犬フォックスハウンドを飼育し始めたころに始まったが,近代的なスポーツとして定着するのは19世紀になってからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きつねがり【キツネ狩り fox hunting】

イギリス,アメリカなどで行われる団体猟。イギリスではジェントルマンのスポーツとして知られる。起源は定かではないが,17世紀後半,ロウザー子爵やアランデル卿が,キツネ狩り専用の猟犬フォックスハウンドを飼育しはじめたといわれる。18世紀前半では,ヨークシャーの地主ウィリアム・ドレーパーの名が知られている。しかし,この世紀には,キツネ狩りはジェントルマン階級の特権を擁護した〈狩猟法game law〉の対象にはなっておらず,近代スポーツとしてのキツネ狩りが定着するのは19世紀のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキツネ狩りの言及

【キツネ(狐)】より

…小型のイヌに似るが,体が細長く,四肢が短い食肉目イヌ科の哺乳類(イラスト)。吻(ふん)は細長くとがる。尾は太く,豊かな房毛(ふさげ)が生える。付け根近くの背面にスミレ腺と呼ばれる臭腺をもち,その部分の毛は黒い。尾の先端は白色か黒色。幅の広い大きな耳は長さ9cmに達し,先端がとがる。耳の背面と四肢の先は黒色。瞳孔は明るいところで収縮するとネコの瞳孔のように縦に細長い針状になる。体長70cm前後,尾長40cm前後。…

【鳥追】より

…小正月行事の一つで,田畑を荒らす害鳥を年の初めにあらかじめ追い払っておこうとする呪的儀礼。長野県,新潟県や関東・東北地方の諸県を中心に分布している。正月飾などで作った仮小屋(かりごや)や雪室(ゆきむろ)を中心にして子どもたちが集まり,〈俺らが裏の早稲田の稲を,なん鳥がまぐらった。雀,スワドリ立ちやがれ。ホーイ,ホーイ〉とか,〈頭切って尾を切って,俵につめて海へ流す〉などという鳥追歌を歌いながら,拍子木を鳴らしたり,棒で地面をたたいて村々を一巡するものである。…

※「キツネ狩り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キツネ狩りの関連キーワードイストリアン・スムースコーテッド・ハウンドイングリッシュ・フォックス・ハウンドフレンチ・ラフヘアード・ポインターイングリッシュ・フォックスハウンドオーストリアン・スムース・ブラッケアメリカン・フォックスハウンドポーリッシュ・グレーハウンドスムース・フォックス・テリアワイアー・フォックス・テリアブルーノ・ジュラ・ハウンドシラーシュトーヴァレノーフォーク・テリアフォックス・テリアノーリッチ・テリアイギリス史(年表)パタデール・テリアボーダー・テリアポワトヴァンタリーホーイギリス

キツネ狩りの関連情報