コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mieszko I MieszkoI

世界大百科事典内のMieszko Iの言及

【ピアスト王朝】より

…カジミエシュ大王の姉エリジュビエタの子)を介してヤギエウォ朝に変わるが,ピアスト侯家は周辺部の侯国の支配者として存続した(最終的な断絶は1675年)。18世紀末以来,ミエシュコ1世Mieszko I以前の支配者は伝説にすぎないとされていた。ミエシュコ1世と違ってドイツやチェコの文献に記述がなく,ガル・アノニムの《ポーランド年代記》に登場してくるだけであったからである。…

【ポーランド】より


[ピアスト朝時代]
(1)ポーランド国家の形成 ギリシア・ローマの古典古代世界から遠く隔たっていたポーランドの地が文書記録に登場してくるのは,10世紀末になってからである。イブラヒム・イブン・ヤクブという名のスペインに住むユダヤ人が,そのころモラビア国に属していたクラクフにやってきて,グニェズノに本拠を置くポラニエPolanie族の長,ピアスト(ピヤスト)朝ミエシュコ1世Mieszko I(?‐992)に関する記録を残している。ポーランドという国名はこの部族名に由来する。…

※「Mieszko I」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Mieszko Iの関連キーワードピアスト朝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android