コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Miladinov,D. MiladinovD

世界大百科事典内のMiladinov,D.の言及

【ミラディノフ】より

…ユーゴスラビアの詩人。マケドニアの生れ。アテネで哲学を学んだ後,兄ディミタルDimitar M.(1810‐62)とともに民族運動を展開しながら,民謡の収集に努める。モスクワ留学中(1856‐60)にオフリト湖畔の故郷をしのび〈南への憧れ〉を詠んだ。投獄中の兄を救うべくイスタンブールへ赴き,自身も捕らえられて虐殺された。作品数こそ少ないが,近代マケドニア詩の父として慕われている。【田中 一生】…

※「Miladinov,D.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android