コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Moeritherium Moeritherium

世界大百科事典内のMoeritheriumの言及

【ゾウ(象)】より

…長鼻類の起源は6000万年前より古く,白亜紀末ないし暁新世の原始的な有蹄類である髁節(かせつ)類に求められる。しかし,化石で知られる最古のものは,始新世後期,4000万年前のメリテリウムMoeritheriumである。化石としてエジプトのファユームで最初に発見されたこの動物には,その地域の湖の古名であるメリ湖の名がつけられた。…

【長鼻類】より

… 次の6科がある。もっとも原始的なのはアフリカの始新世~漸新世のメリテリウム科(メリテリウムMoeritherium)で切歯が上に3対,下に2対,上あごに犬歯があり,バク大で四肢と鼻が短く,骨格はカイギュウ目に近い。アフリカ,ユーラシアの中新世~更新世から知られるデイノテリウム科(デイノテリウムDeinotherium)は切歯が下あごにだけ1対あり,下後方に向かう。…

※「Moeritherium」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android