コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mohr,K.F. MohrKF

世界大百科事典内のMohr,K.F.の言及

【化学】より

…19世紀半ばフレゼニウスKarl Remegius Fresenius(1818‐97)は,定性・定量両分析に関して優れた教科書を書き,分析化学の手法を確立した。容量分析では,モールKarl Friedlich Mohr(1806‐79)がいくつかの有用な改良法を提案した。分析化学者の任務には通常の分析のほか,とくにカールスルーエの国際会議以降は原子量の精密測定が含まれるようになった。…

※「Mohr,K.F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mohr,K.F.の関連キーワードモールの理論エフラティック堆積物エフラタ土壌パレアサイトフラヴァイトラクタイトルータムエフラタム容量分析清しこの夜

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android