コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mondino dei Liuzzi MondinodeiLiuzzi

世界大百科事典内のMondino dei Liuzziの言及

【骸骨】より

…12,13世紀ごろ,貴人が遠隔地で死ぬとよく煮て骨だけを故郷に送り,内臓と煮だし汁はその地に葬る風習があって,くり返し禁ぜられたにもかかわらず国王や司教もこの風習に従い,イギリスやフランスでは15世紀にも続けられたという(ホイジンガ《中世の秋》)。ボローニャ大学のモンディーノMondino dei Liuzzi が初めて人体解剖をみずから行い,独立した解剖学書を著して(1316),以後解剖は各医科大学でなされ,骸骨の姿に関する知識はしだいに正確となった。ベサリウスの《人体構造》(1543)に頭蓋骨を持って瞑想するかなり正確な骸骨の図があり,シェークスピアは《ハムレット》の墓地の場を書くのにこれを念頭においたという。…

※「Mondino dei Liuzzi」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Mondino dei Liuzziの関連キーワードディエゴ マラーニピサのドゥオモ広場アルベルゴベアトリーチェカルビーノインノケンチウス13世デ・サンクティス(Gaetano De Sanctis)神の国カルミニ大信徒会サンティマリアエドナート教会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android