コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Monognathidae Monognathidae

世界大百科事典内のMonognathidaeの言及

【深海魚】より

…骨も骨化が進んでおらず,体が柔軟で脆弱(ぜいじやく)である。 3000m以深より5000~6000mの大洋底にいたる深海帯に生息する深層遊泳性魚類には,チョウチンアンコウ類に属するごく一部の深海性種,ソコダラ類のうち海底から離れて生活するようになったごく一部の仲間,単顎ウナギ類Monognathidaeがいるが,この層の魚類相はきわめて貧弱である。この層になると眼の退化傾向はいっそう進み,体色素を欠く種も出現し始める。…

※「Monognathidae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone