コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Mozarabic Mozarabic

世界大百科事典内のMozarabicの言及

【ポルトガル語】より

…半島西部ではドウロ川以北の地域が早くにイスラム教徒の勢力を排除するが,この地に,既に何百年かにわたる言語変化を経て9世紀ころに成立したのがガリシア・ポルトガル語Galician‐Portugueseである。この言語は国土回復運動とともに南へ勢力を伸ばし,モサラベ語Mozarabic(イスラム支配に服したキリスト教徒の用いていたロマンス語)と接触し,これを吸収しつつ独自の特徴を発達させながら,やがてポルトガル王国(1143年誕生)固有の共通語を形成するにいたる。この時期にイスラム教徒のアラビア語から導入され今日に伝わる語彙(arroz〈米〉,aldeia〈村〉など)は,ゲルマン語起源の借用語よりはるかに多い。…

※「Mozarabic」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android