コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Musicescu,G. MusicescuG

世界大百科事典内のMusicescu,G.の言及

【ルーマニア】より

…16世紀から17世紀にかけて,この地方を中心に活躍したオステルマイヤーHieronimus Ostermayer(1500‐61),ライリヒGabriel Reilich(1630?‐77)らの作品は,ルネサンスや初期バロックの様式の影響の下にあった。19世紀に入ると,ルーマニアの独立と民族統一の運動を背景に国民音楽創造の気運が高まり,パンAnton Pann(1796‐1854),フレヒテンマッハーAlexandru Flechtenmacher(1823‐98),ムシチェスクGavriil Musicescu(1847‐1903)らが,民族音楽を基盤にした作品によって,近代ルーマニア音楽の創造に貢献している。一方この時期,音楽活動の組織化が進み,国立音楽院(1860),ルーマニア・フィルハーモニー協会(1868),ブカレストのオペラ劇場(1877)などの設立によってルーマニアの音楽文化の水準は飛躍的に高まった。…

※「Musicescu,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android