コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Musik Musik

世界大百科事典内のMusikの言及

【音楽】より

…しかし,西欧の〈音楽〉に関する概念にもそれなりの変遷があった。英語のミュージックmusic,ドイツ語のムジークMusik,フランス語のミュジックmusique,イタリア語のムージカmusicaなどの語の共通の語源とされるのは,ギリシア語の〈ムシケmousikē〉であるが,それはそもそも〈ムーサMousa〉(英語でミューズMuse)として知られる女神たちのつかさどる技芸を意味し,その中には狭義の音芸術のほか,朗誦されるものとしての詩の芸術,舞踊など,リズムによって統合される各種の時間芸術が包含されていた。このように包括的な〈音楽〉の概念は,ヨーロッパ中世においては崩壊し,それに代わって思弁的な学として〈自由七科septem artes liberales〉の中に位置づけられる〈音楽〉と演奏行為を前提として実際に鳴り響く実践的な〈音楽〉の概念が生まれたが,後者は中世からルネサンスにかけてのポリフォニー音楽の発展につれて,しだいにリズム理論,音程理論などを内部に含む精緻な音の構築物へと進化した。…

※「Musik」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Musikの関連キーワードメンデルスゾーン:スケルツォ ロ短調/piano soloベルイマン(Ingmar Bergman)弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽フリーメーソンのための葬送音楽ミュンヘン国際音楽コンクールシュトゥッケンシュミットフリードリヒ ブルーメモントゼー教区教会ウェルクマイスターコールユーブンゲンターフェルムジークカペルマイスターフルトベングラー国際現代音楽協会ツッカーカンドルウィーン音楽院フォルトラーゲウィルトガンス音楽の捧げ物ハンスリック

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Musikの関連情報