N,N´-サリチリデンアミナトコバルト(II)(読み)えぬえぬさりちりでんあみなとこばると

世界大百科事典内のN,N´-サリチリデンアミナトコバルト(II)の言及

【サルコミン】より

N,N′‐エチレンビス(サリチリデンアミナト)コバルト(II)の通称。1933年P.ファイファー,妻木徳一らが合成し,空気中で黒褐色に変色することを報告,38年妻木がこの変色は酸素の吸収によることを発見した。その後,酸素担体としての性質がM.カルビンやH.ディールらによって詳細に研究された。エチレンジアミンのエチルアルコール溶液に新しくつくった酢酸コバルト(II)水溶液を加えて加熱し,サリチルアルデヒドを加えるとできる。…

※「N,N´-サリチリデンアミナトコバルト(II)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android