コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nānhaithya Nanhaithya

世界大百科事典内のNānhaithyaの言及

【インド神話】より

…後に,神々の医師とみなされるようになる。アベスターにおいて,ナーサティヤに対応するナーンハイスヤNānhaithyaは,インドラの場合と同じように,悪魔の列に落とされた。《リグ・ベーダ》には,以上のほかに,天神ディヤウス,大地の女神プリティビー,火神アグニ,酒神ソーマ,太陽神スーリヤ(日天),暁の女神ウシャス,風神バーユ,河川の女神サラスバティー(弁財天),死神ヤマ(閻魔)などに対する賛歌がある。…

※「Nānhaithya」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android