コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NGC1068 えぬじーしーせんろくじゅうはち

世界大百科事典内のNGC1068の言及

【銀河中心核】より

…中心核の正体はブラックホールと考えられ,それに引き込まれる物質が巻き込まれていく高温ガスの回転円盤や,その外側を取り囲む濃密な星とガスの系の不安定性によって,爆発現象が繰り返されると考えられている。顕著な中心核を示す銀河の代表的な例としては,M87,NGC1068,NGC4151,3C273などがある。【小平 桂一】。…

※「NGC1068」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android