コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Narasiṃhagupta Narasimhagupta

世界大百科事典内のNarasiṃhaguptaの言及

【グプタ朝】より

…第5代スカンダグプタSkandaguptaは安定した地方支配の回復に努めて功を収めたが,467年ごろの王の死後,帝国は衰運に傾いた。その後ナラシンハグプタNarasiṃhaguptaはガンガー流域からエフタルを撃退したというが,帝国の衰退に乗じて,諸地方の支配者が帝国の統制から離れて自立化し,帝国の領域はビハールを中心とする地域に狭められ,ついに550年ごろ滅亡した。
【制度】
 グプタ朝は,クシャーナ朝の〈王の王〉〈大王〉という称号に対して,一段と高位の〈大王の王〉を意味するサンスクリットの称号を称し,さらに〈至高の君主〉〈至高のビシュヌ信者〉という称号をも称し,王はその才能や威力を神のそれと比べられ,帝王が神聖視されるようになった。…

※「Narasiṃhagupta」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone