コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Nardini,P. NardiniP

世界大百科事典内のNardini,P.の言及

【ナルディーニ】より

…イタリアのバイオリン奏者,作曲家。タルティーニの一番弟子。シュトゥットガルトで活躍した後,1769年からはフィレンツェでトスカナ公家宮廷楽長を務めた。美しい旋律,表情豊かで優雅な作風,名人芸的な技巧で知られる作品には,バイオリンのための協奏曲,ソナタ,二重奏曲,独奏曲のほか,弦楽四重奏曲,室内楽曲がある。ソナタでは,師の用いた緩急急の3楽章形式を踏襲しているが,拡大された第2楽章は古典派のソナタ形式に近づいている。…

※「Nardini,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android